無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ 【 『はぐれ狼が奔る』 トカゲの尻尾切り より 】

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 『はぐれ狼が奔る』 トカゲの尻尾切り より 】

hagure.jpg  商品のご注文はこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 はぐれ狼が奔る 』 トカゲの尻尾切り より・・・


「週刊誌だとっ」

「それが分っていて、なぜ止めない。なんのために、繊維担当から引上げて、専務昇格含みで人事担当にしたのか意味がないじゃないか。今の牧山は我を忘れている。まさに群から離れた狼だ。中川や大沢に噛み付くのはまだしも、かつての直属の上司にまで噛み付くほど、常軌を忘れたわけ
じゃあるまい。何だったらキミだけじゃなく、オレも参加して牧山の慰労をやると伝えて、週刊四季
の方は断らせろ。社長直々の慰労会が入ったからといえば、先方もキャンセル仕方なしと納得するんじゃないか」

ここらの展開まで、牧山は読んでいた。

野川が苦渋に充ちた顔で、竹下の意向を伝えたところ、意外にも牧山は応じたのである。

「なんだ、さっきまで先約ありと強硬だったじゃないか」

「強硬を貫いた方がいいのなら、そうしますが」

「いや、そりゃ困る」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 はぐれ狼が奔る 』 トカゲの尻尾切り より・・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。