無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ 【 『炎の商社マン』 下巻より 】

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 『炎の商社マン』 下巻より 】

炎(下)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 炎の商社マン 』 下巻 より・・・・・・・


「稟議書ですか。そんなもん書きませんよ」

「第一、ボクは今までにも稟議書なんて書いたこと一度もありませんけれど。いい加減、勝手に新分野を開拓させてもらいましたが。あの稟議制度やめたらどうですか。関係ない連中にまで、いたずらに案件を知らせるだけの代物で、百害あって一利もありません。お互いリスクのなすりつけ合いのためのハンコ取りですから」

「お前、今まで稟議書書いたことないって、それ本当か。ようも勝手にいろんなこと、誰の承認印も
無しにやってきたな」

「そのかなりの部分が、部長いや違った、専務の管轄下での仕事でしたけど。専務はボクが廻した稟議書なんてご覧になったことないでしょう」

「う~む、社内規定違反行為の常習者だったか」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 炎の商社マン 』 下巻 より・・・・・・・

♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。