無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ 【 『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より 】

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より 】

al.jpg  商品のご注文はこちら


・・・・・・『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より・・


そんなある日のこと。午後四時に
打ち合わせが終了し、先方からの提案があった。
「この近くにドナウを見下ろす古城を改装したレストランがある。そこへご招待したいがご都合はいかが」
実は我々は朝から何も食べていなくて腹ペコだった。
打ち合わせは現地工場で九時から行われる。ベオグラードのホテルを七時四十分には出発しなければ。
ところがホテルの朝食は八時からしか始まらない。
てな訳で全員朝飯抜きで出発している。
工場で出るものは、トルコ風の濃いコーヒーと水だけ。
昼食も摂らず午後四時まで延々とやるのがユーゴの流儀。
そんな時の「ご接待」のプロポーサル。
日本連合から喝采があがった。
レストランまでは近かった。なるほど良い眺めである。だけど内部の食卓の上の方が、もっと眺めが魅力的だった。
真っ白なテーブルクロス。銀色のナイフやフォーク。四重奏団がクラシック曲を奏ではじめた。
「さあ、食える」日本連合メンバー十数名は判っていなかった。
部屋の片隅で、食前酒のセレモニーが始まった。
「今回の国際入札で、貴国に素晴らしく近代的な製鉄所が生まれることを祝して乾杯」とボク。
「今回の国際入札に日本連合が勝利することを祈って乾杯」
ここまでは良い。あとがイケナイ。
カンパイの理由はいくらでも有るし、無くなったら作れば良い。
ユーゴ人たちは腹ペコではなく、コニャックと称する地場産のブランデーを、より沢山飲みたいから、
何回も乾杯を繰り返したいのだ。
気がつくと、すでに数名の日本軍兵士が倒れている。
顔色を窺うと「もう限界です。早く何か食べさせて」と皆が訴えている。
だけど、「郷に入れば郷に従う」しかないじゃないか。


・・・・・・『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。