無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ 【 『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より 】

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より 】

al.jpg  商品のご注文はこちら

・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より・・・

一通り見るべきものを見ては感嘆し、
宮殿を後にする直前の一期一会。

宮殿のどこかを修理でもしていたのであろうか、作業服姿の二人の青年がやってきて、エルベを見下ろすベンチに腰掛けて弁当を広げだした。

眼が合った。

何か物言いたげな、やさしい眼を彼らはしていた。ボク等は日本から持参のカリントウの袋を開けた
ところだった。

「日本の駄菓子の味を試してみるかい」

とボクは声を掛け、袋の中身を彼等の手のひらに移してやった。
彼らはしげしげとカリントウを眺めてから味わい、

「美味い、美味い」

と口々に言った。ボク等はまだ封を切っていない「草加煎餅」の袋を持っていた。「そうだ、この方が
良いかもしれない。こいつはビールにすごく合うんだ。仕事が終わってから一杯やる時の楽しみにな」と袋ごと進呈した。

「これは何で出来てるんです?」

「米だよ。日本人の主食が米だって知ってるだろう」

そんな会話を交わしているうちに、船の時間が来てボク等は別れた。

船着き場までは歩いて五分ぐらい。
下船する人が多く十分ばかし待たされた。やがて船は下流のドレスデンに向けて出航し、しばらく
して先ほどのベンチにさしかかった。
なんと二人の青年は立ち上がり両手を振ってボクたちを見送ってくれていた。

激しく感動した。

彼等はおそらく生涯で初めての日本人に出会い、食べたことのない妙なモノを与えられ、ほんの短い時間をしゃべり、お互いに名乗りもせず、ただそれだけの相手に手を振って別れを告げる。

涙が出た。

彼等とは永遠に再会することは無いだろう。



・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より・・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。