無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ 【 『アルプスの小川』 アイの物語 より 】

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 『アルプスの小川』 アイの物語 より 】

al.jpg 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 アイの物語 より・・・


ある朝のホテルの朝食ルームでの
やりとりです。

「オレにアイをくれないか。長い間アイに飢えている」

「お前はアイが欲しいというのか?アイにはカネがかかるぜ、それでもいいのか」

「承知のことだ。アイだ、アイに飢えている」

「どんなアイが欲しいのか、三分間のアイか、それとも五分間のアイの方が良いか」

「アイの種類はそれだけか」

「そんなことはない。かきまわすアイもあれば、一方的に焼きつけるアイもある。お望みなら両方を焼きつけるアイだって」

とりあえず五分間のアイを求めました。

ドイツ語で玉子のことをアイと言います。
二個以上になれば、複数形でアイヤーになってしまう。

アイは求めすぎない方がよろしいようで。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 アイの物語 より・・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。