無料ブログ
小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★ アルプスの小川

小林真一の作品を拾い読み きらめく星座社★

こんにちは。 神戸から生まれた出版社、『きらめく星座社』です。 私たちが送りだす、小林真一・著の作品を、少しずつご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【アルプスの小川】

 アルプス


その日は休日だった。
Tクンが「カルチェラタン」に
行きましょうかと言った。暴動がまだ
続いていて、もう直ぐにも警官隊と
学生たちとが衝突する時間帯と
なるらしい。
行ってみて驚いた。敷石道の石が
全部はがされている。
学生たちの武器、投石材料として
用意されていたのです。
学生たちのシュプレヒコールは

「ド・ゴール、フランコ、サラザール!」

というものだった。
第二次大戦を戦い抜いた英雄たちだが、
六八年ともなると、最早頑迷な老害と
されていたわけで、巻き添えを食った
フランコ将軍も、サラザール博士も、
さぞかし不本意なことだったろう。
スケジュールでも決まってんだろうか。
Tクンの予言通り警官隊が集まって来た。
その数がどんどん増えて・・・・



・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 四十年の時空を行ったり来たり より

♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪

スポンサーサイト

PageTop

【 『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より 】

al.jpg  商品のご注文はこちら


・・・・・・『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より・・


そんなある日のこと。午後四時に
打ち合わせが終了し、先方からの提案があった。
「この近くにドナウを見下ろす古城を改装したレストランがある。そこへご招待したいがご都合はいかが」
実は我々は朝から何も食べていなくて腹ペコだった。
打ち合わせは現地工場で九時から行われる。ベオグラードのホテルを七時四十分には出発しなければ。
ところがホテルの朝食は八時からしか始まらない。
てな訳で全員朝飯抜きで出発している。
工場で出るものは、トルコ風の濃いコーヒーと水だけ。
昼食も摂らず午後四時まで延々とやるのがユーゴの流儀。
そんな時の「ご接待」のプロポーサル。
日本連合から喝采があがった。
レストランまでは近かった。なるほど良い眺めである。だけど内部の食卓の上の方が、もっと眺めが魅力的だった。
真っ白なテーブルクロス。銀色のナイフやフォーク。四重奏団がクラシック曲を奏ではじめた。
「さあ、食える」日本連合メンバー十数名は判っていなかった。
部屋の片隅で、食前酒のセレモニーが始まった。
「今回の国際入札で、貴国に素晴らしく近代的な製鉄所が生まれることを祝して乾杯」とボク。
「今回の国際入札に日本連合が勝利することを祈って乾杯」
ここまでは良い。あとがイケナイ。
カンパイの理由はいくらでも有るし、無くなったら作れば良い。
ユーゴ人たちは腹ペコではなく、コニャックと称する地場産のブランデーを、より沢山飲みたいから、
何回も乾杯を繰り返したいのだ。
気がつくと、すでに数名の日本軍兵士が倒れている。
顔色を窺うと「もう限界です。早く何か食べさせて」と皆が訴えている。
だけど、「郷に入れば郷に従う」しかないじゃないか。


・・・・・・『 アルプスの小川 』 セルビア人と酒を飲んだら日本人壊滅 より・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪

PageTop

【 『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より 】

al.jpg  商品のご注文はこちら

・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より・・・

一通り見るべきものを見ては感嘆し、
宮殿を後にする直前の一期一会。

宮殿のどこかを修理でもしていたのであろうか、作業服姿の二人の青年がやってきて、エルベを見下ろすベンチに腰掛けて弁当を広げだした。

眼が合った。

何か物言いたげな、やさしい眼を彼らはしていた。ボク等は日本から持参のカリントウの袋を開けた
ところだった。

「日本の駄菓子の味を試してみるかい」

とボクは声を掛け、袋の中身を彼等の手のひらに移してやった。
彼らはしげしげとカリントウを眺めてから味わい、

「美味い、美味い」

と口々に言った。ボク等はまだ封を切っていない「草加煎餅」の袋を持っていた。「そうだ、この方が
良いかもしれない。こいつはビールにすごく合うんだ。仕事が終わってから一杯やる時の楽しみにな」と袋ごと進呈した。

「これは何で出来てるんです?」

「米だよ。日本人の主食が米だって知ってるだろう」

そんな会話を交わしているうちに、船の時間が来てボク等は別れた。

船着き場までは歩いて五分ぐらい。
下船する人が多く十分ばかし待たされた。やがて船は下流のドレスデンに向けて出航し、しばらく
して先ほどのベンチにさしかかった。
なんと二人の青年は立ち上がり両手を振ってボクたちを見送ってくれていた。

激しく感動した。

彼等はおそらく生涯で初めての日本人に出会い、食べたことのない妙なモノを与えられ、ほんの短い時間をしゃべり、お互いに名乗りもせず、ただそれだけの相手に手を振って別れを告げる。

涙が出た。

彼等とは永遠に再会することは無いだろう。



・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 ドレスデンのエルベ観光船 より・・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪

PageTop

【 『アルプスの小川』 オーストリアの館より 】

al.jpg  商品のご注文はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 オーストリアの館 より・・・



今は亡きヘルベルト・フォン・カラヤンが、最後の日本公演のために来阪したのが、八八年の初夏だったと記憶する。シンフォニーホール二階の、右手ベランダ席で、指揮者の横顔がよく見える席だった。

曲目は「展覧会の絵」と「ボレロ」。

ボクはそれまで、ムソルグスキーという作曲家を、さして好きではなかったのだが、一人では歩くこともままならぬ身体で、懸命にタクトを振るカラヤンの指揮のもと、実際に展覧会の場に居あわせて、次々と素晴らしい絵画が目の前に展開されると思える、演奏に感動したことを、まるで昨日のことのように、鮮明に記憶している。

カラヤンとは、これで永遠の別れとなることを、観衆のすべてが知っていて、だから演奏を終えたカラヤンへの、嵐のような拍手はいつまでも鳴り止まず、カラヤンもまた、それに応えて、不自由な身体を人の肩を借りながら、何度も何度もアンコールへの返礼に姿を現わしたのだった。

大勢が花束を抱えて、カラヤンの元に殺到した。

あれは素晴らしいシーンだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 オーストリアの館 より・・・



♪拍手お願いします♪

PageTop

【 『アルプスの小川』 アイの物語 より 】

al.jpg 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 アイの物語 より・・・


ある朝のホテルの朝食ルームでの
やりとりです。

「オレにアイをくれないか。長い間アイに飢えている」

「お前はアイが欲しいというのか?アイにはカネがかかるぜ、それでもいいのか」

「承知のことだ。アイだ、アイに飢えている」

「どんなアイが欲しいのか、三分間のアイか、それとも五分間のアイの方が良いか」

「アイの種類はそれだけか」

「そんなことはない。かきまわすアイもあれば、一方的に焼きつけるアイもある。お望みなら両方を焼きつけるアイだって」

とりあえず五分間のアイを求めました。

ドイツ語で玉子のことをアイと言います。
二個以上になれば、複数形でアイヤーになってしまう。

アイは求めすぎない方がよろしいようで。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『 アルプスの小川 』 アイの物語 より・・・



♪クリックお願いします♪

Banner_03


ブログランキング・にほんブログ村へ
♪拍手お願いします♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。